パソコンが壊れても諦めずにデータ復旧業者にまかせよう!

PCが劇的に速くなる

パソコンを操作する人

仕事の能率も大きく向上

仕事に欠かせないパソコンは高性能マシンの方が作業の能率も高まりますが、中には毎日の起動時や動作のたびに余計な待ち時間が発生している例も少なくありません。パソコンを司るOSにも多彩な機能があるため、普段使っていないのに起動するたび読み込まれるサービスも多く、設定を変えることで高速化が実現できる可能性があります。パソコンにインストールする高速化ソフトなども市販されていますが、そういった設定変更やソフト導入による改善効果は限定的です。その点でデータを格納するパーツのHDDをSSDに変更すれば、パソコンを高速化するのに最も効果的だと言われています。半導体ドライブとも呼ばれるSSDは一見HDDと似た外観ですが、内部はむしろUSBメモリやSDカードと似た構造です。高速回転する磁気ディスクからデータを読み込むHDDと違ってSSDは可動部分がないため、データに移動する際のシークタイムもありません。HDDとSSDの速度を比較してみると、HDDをは高速な7200rpmの製品でも175メガバイト秒に過ぎませんが、SSDの速度は3倍以上も速い550メガバイト秒です。高速化サービスを利用してHDDをSSDに交換してもらったパソコンは起動時間が劇的に速くなり、通常の動作においても機敏に動くようになります。HDDからSSDにデータを移行する際にはこれまでの環境がそのまま維持できるため、新品パソコンに買い換えるより仕事への影響が小さいという点もメリットの1つです。かつてのSSDはHDDと比べて容量あたりの価格が高いのが難点でしたが、最近では需要の拡大を背景にSSDも低価格化が進んでいます。新しもの好きのパソコンマニアだけでなく、仕事の能率を重視する人の間でもSSDの人気は急上昇中です。記憶装置を変更するだけでもパソコンの高速化が体感できる方法として、今後はSSDを導入する企業の増加が予測されます。